2020年6月4日 更新

Bクイックとは?バレーボールのクイックの具体的なやり方を解説!

Bクイックとは、セッターから2~3mの距離に上げたトスを打つ速攻です。セッターに一番近いAクイックよりもやや長めで低めのトスを打つBクイックは、コンビバレーに欠かせません。一歩の助走でコンパクトにミートすることがコツとなり、セッターとのコンビネーションが重要なプレーです。

492 view お気に入り 0

Bクイックとは?

Login 窶「 Instagram (138455)

バレーボールのBクイックとは、セッターからやや離れた位置での速攻です。
Aクイックはセッターの前方へ短く上げたトスを打つスパイクで、Bクイックはセッターから2mから3mほどの距離に上げたトスを打ちます。

Bクイックは単独で打つ場合は少なく、コンビネーションバレーの中でブロックをかわすための速攻の1つの方法です。A・Cクイックと見せかけてブロックを引き付けてBクイックを打たせるのが効果的です。

Aクイックとの違い

 (137660)

Aクイックとの違いは、セッターとの距離です。
AクイックとBクイックは上げる方向は同じですが、短い距離のAクイックトスと違い、BクイックトスはAクイックよりも長いトスを上げます。

基本的にセッターは、エーススパイカーがいるレフト方向に向いてトスを上げることが多いです。相手がAクイックを警戒して中央に集まったときに、少しトスを伸ばしてBクイックを使うことで攻撃の幅が広がります。

Cクイックとの違い

Cクイックとの違いは、セッターがトスを上げる方向です。Cクイックは、Aクイックと同じ短いトスを後方に上げたトスを打つスパイクです。

クイックの種類は大きく、A・B・C・Dの4つに分けられます。優れたセッターはオープントスを含めて、どのトスを上げるのか直前まで相手に予想がつきません。Bクイックを含めセンタープレーヤーは、常に自分に速攻のトスが来ることを想定して助走を始めることが大切です。

Bクイックのやり方

Bクイックの基本【必見バレー動画】

Bクイックのやり方は、トスの軌道を予測することから始まります。そのため、セッターとの意思疎通と、トスの長さを予測することが不可欠です。

【Bクイックの流れ】
①自分がレシーブしないと判断してすぐに助走開始地点へ移動する。
②セッターにレシーブが返った時点で助走を開始する。
③セッターからのトスを空中で待って、ボールを叩く。
Bクイックを打つスパイカーは、常にボールをよく見て移動することが大事です。レシーバーやセッターとボールの位置を把握する視野の広さが要求されます。

助走の仕方

Bクイックを打つときの助走の仕方は、助走開始位置から一歩でジャンプすることです。

クイックスパイクは、トスがあがった瞬間からスパイクヒットまでの時間が短いほど効果的とされています。Bクイックを打つときは、トスのコースを予測してセッターに向かって一歩助走でジャンプすることがポイントです。

オープン攻撃の三歩助走をすると、速攻での攻撃は確実に間に合わないので、一歩助走をマスターしましょう。

ボールの打ち方

Login 窶「 Instagram (138895)

Bクイックのボールの打ち方は、充分にバックスイングをしてコンパクトなスイングでボールをミートすることです。

クイック攻撃はスピードが命で、パワフルにスパイクを打ち込むことを目的としません。Bクイックトスがあがるときは、セッター付近を相手ブロッカーがマークしていることが多いので、上がったトスを素早く相手コートに叩き落しましょう。確実にミートして、レシーバーがいない場所を狙います。

Bクイックのトス

Bクイックのトスは、山なりにせずネット上方を平行に通過するように上げます。

セッターから2~3mの距離に上げるBクイックトスは、速く直線的なトスが理想です。直線的にすることを意識しすぎて、ボールが強くなりすぎないことを意識しましょう。

打ちやすいトスとは、勢いのない優しいボールです。速く優しいトスをあげるのは難しいですが、セッターは手首の返しを上手に使って、スパイカーが打ちやすいトスを習得しましょう。

Bクイックのコツ

Login 窶「 Instagram (138901)

Bクイックのコツは、コンパクトにミートしてレシーバーがいない場所にボールを落とすことです。

クイックスパイクは、充分に体の力を使って打ち込むオープンスパイクよりも威力は落ちますが、高速で相手コートに落とすことでスパイク効果率が上がります。
コンパクトにボールをミートするために、助走はセッターの方向に向かってすることがコツです。斜めに切りこむことで、ボールを点ではなく線でとらえることができ、ミートしやすくなります。

コンパクトなスイング

Bクイックの一番のコツは、スイングをコンパクトにすることです。

オープンスパイクの打ち方で大きなフォームで打つのはNGで、助走開始からボールインパクトまでをスピーディーにこなすことが最重要です。

ボールを打った後も、Bクイックでは腕を振りぬかず、手首だけを使ってスイングを止めます。ボールに充分にパワーを加えるより、軽いインパクトでいかに早く相手コートに叩き落すことがポイントです。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールのコミットブロックのやり方とコツを解説!

バレーボールのコミットブロックのやり方とコツを解説!

バレーボールのコミットブロックとは、狙ったスパイカーのタイミングに合わせて飛ぶブロックです。コミットブロックをするときは、あらかじめ打つスパイカーを予測して正面に入り、高く飛んでスパイクをシャットします。予測がはずれると無駄なジャンプになりますが、当たれば高い確率で成功します。
まる蔵 | 415 view
バレーボールのフライングレシーブとは?やり方と練習方法を解説!

バレーボールのフライングレシーブとは?やり方と練習方法を解説!

バレーボールのフライングレシーブとは、遠くに落ちそうなボールに向かってジャンプしてするレシーブです。フライングレシーブは守備範囲は広くなりますが、正しいフォームを知らないと体を強打します。フライングレシーブの入り方は、床に対して斜めに入り、胸・腹・足の順に着床する形です。
まる蔵 | 2,053 view
バレーボールのツーアタックとは?成功させるコツを解説

バレーボールのツーアタックとは?成功させるコツを解説

バレーボールのツーアタックとは、セッターの選手がトスではなくスパイクを仕掛ける攻撃方法です。相手ブロッカーに最後までトスアップを意識させて、ギリギリのタイミングで相手コートに落とすのが最大のポイントです。成功率を上げるコツをつかんで、最善のタイミングで使いましょう。
Anonymous | 1,783 view
バレーボールのブロード攻撃とは?わかりやすくやり方を解説

バレーボールのブロード攻撃とは?わかりやすくやり方を解説

バレーボールのブロード攻撃とは、スパイカーがポジションを移動しながら仕掛ける攻撃方法です。セッターからのトスが上がるタイミングや、スパイカーが助走を始めるタイミングが重要です。分割練習法を使って、ブロードの習得にチャレンジしてみましょう。
Anonymous | 670 view
ブロックアウトのやり方とは?バレーボールで上手に相手の手を狙うテクニック

ブロックアウトのやり方とは?バレーボールで上手に相手の手を狙うテクニック

バレーボールのブロックアウトとは、ブロッカーの手にボールを当ててアウトにするスパイカーのテクニックです。ブロックアウトのやり方は、ブロックを見て指先に当ててコート外にボールを出すのが基本となります。高いブロックを利用して得点にするブロックアウトは、スパイカーに必須の技です。
まる蔵 | 688 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵