2020年8月9日 更新

バレーボールのコミットブロックのやり方とコツを解説!

バレーボールのコミットブロックとは、狙ったスパイカーのタイミングに合わせて飛ぶブロックです。コミットブロックをするときは、あらかじめ打つスパイカーを予測して正面に入り、高く飛んでスパイクをシャットします。予測がはずれると無駄なジャンプになりますが、当たれば高い確率で成功します。

652 view お気に入り 0

バレーボールのコミットブロックとは?

Login 窶「 Instagram (162749)

バレーボールのコミットブロックとは、素早く相手スパイカーの正面に入り、相手の動きに合わせて飛ぶブロックの飛び方です。

コミットブロックは、あらかじめマークしたスパイカーに対してマンツーマンでジャンプするので、確実なブロックフォームがとれるのが特徴です。ただし、マークした選手以外のスパイカーが打った場合は失敗となります。

コミットブロックの意味

コミットブロックのコミットの意味は、託す・委託する・約束するです。コミットブロックの意味は、約束した相手・決めた相手に対して飛ぶブロックとなります。

ビジネス用語でコミットは、責任を伴う約束、目標に対し積極的に関わるの意味を持ちます。コミットブロックのコミットは、目標に対して積極的に関わるのニュアンスに近いです。

コミットブロックのメリット

Login 窶「 Instagram (162750)

コミットブロックのメリットは、1人のスパイカーをあらかじめマークするので、ブロックの形を完成させやすく、確実にブロックできることです。

コミットブロックはおもにクイックに対して使用するテクニックですので、マークした選手がクイックを打った場合のブロック成功率はほぼ100%になります。

コミットブロックのデメリット

コミットブロックのデメリットは、スパイカーを予測して飛ぶために、予想が外れた場合無駄なジャンプになることです。

コミットブロックは、決めた場所でジャンプするため高く飛べますが、別の場所にトスが上がった場合対応が難しくなります。コミットブロックは、高く飛んで正しく手を出すことができますが、正しい予測が必須です。ヤマを貼って飛ぶので、いちかばちかのブロック​といえます。

リードブロックとの違い

コミットブロックとリードブロックとの一番の違いは、何を目標に飛ぶかです。コミットブロックは1人のスパイカーをあらかじめマークして飛びますが、リードブロックはトスが上がってからボールの行方に反応して飛びます。

コミットブロックは1人を確実に止めることが目標ですが、リードブロックの目的は、全てのスパイクに対して1人でも多くのブロッカーを参加させることです。

コミットブロックのやり方

Login 窶「 Instagram (162719)

コミットブロックのやり方は、スパイクを打つ選手を予測して、基本のブロックの要領で飛ぶことです。ブロックの基礎は、垂直に高く飛び、両手を広げて強い壁を作ってスパイクボールをシャットする形です。

コミットブロックはおもにミドルブロッカーからのクイック攻撃に対しておこないます。ブロックを成功させるためには、クイック攻撃に合わせて飛ぶタイミングを習得することも大切です。

ブロックに飛ぶ前にすること

コミットブロックに飛ぶ前には、誰が打つのかを予測することが必要です。

相手チームのレシーブがセッターにAパスで返った場合、センターからのクイック攻撃の確率が上がります。相手レシーブの状況と、セッターの技量や癖を把握して、どこへブロックに飛ぶか素早く判断しましょう。
Aパスとは
レシーブが、セッターが動く必要がない位置に上がること。Aパスでレシーブが返れば、セッターはコンビネーションバレーを展開しやすくなり、クイックを使う確率が上がる。

コミットブロックの一連の流れ

コミットブロックをするときは、相手チームの状況を見て誰が打つかを判断することから始まります。

①スパイクを打つ選手を予測して正面に移動
②スパイカーのジャンプ・スイングのタイミングに合わせてジャンプ
③両手を広げてボールを下に叩き落す


コミットブロックに飛ぶときは、スパイクを打つ選手を特定して確実にシャットすることだけを意識することが大切です。

コミットブロックのコツ

Login 窶「 Instagram (163097)

コミットブロックのコツは、マークした選手に対して確実に壁を作ることです。予想が外れることもありますが、コミットブロックはリスク覚悟で飛ぶブロックで、ジャンプが無駄になることを恐れずに100%目の前のスパイクを止めることに集中しましょう。

正しいブロックの形

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
emikobayashi215 | 178 view
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
まる蔵 | 196 view
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
まる蔵 | 210 view
バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。
まる蔵 | 245 view
キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

バレーボールのキルブロックは、スパイクを完全にシャットする技です。キルブロックのやり方は、スパイクのタイミングを読み、手に力を入れてスパイクを完全に抑え込んで真下に叩き落します。キルブロックをマスターするには、バレーボールの練習に垂直ジャンプ力強化を取り入れ、正しい手の形でブロックすることです。
まる蔵 | 182 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵