2020年1月25日 更新

サッカーのポジションを徹底解説!【それぞれの役割と適性・性格】

サッカーのポジションにはそれぞれに与えられた役割や動き方の基本があり、またチーム戦術によってそれらが変わってくるものです。ポジションごとの違いや、そのポジションへの適性、性格的な面での向き不向きなど図を元に解説していきたいと思います。

113,605 view お気に入り 0

サッカーのポジション③OMFの解説②

オフェンスとディフェンスの解説

オフェンスについては前述したのでディフェンスについての解説になりますが、大筋でFWと同様のプレス意識で問題ありません。

しかし、トップ下がフォーメーション上マッチアップするのは、相手のボランチやアンカーになりますから、まずこの相手に自由を与えないようなプレスが行えるとチームは非常に助かります。

アンカーやボランチなどのMFはビルドアップやポゼッションの中心的役割ですから、ここに積極的なプレスを行う動き方をすることで、相手の攻撃を高いポジションから制限出来るのです。

ではありますが、トップ下はオフェンスの柱ですから、あまりにディフェンスでスタミナを消耗品するのも戦術上よろしくはありません。周囲との連携を取りながら、効果的に休んでおくのも大事な役割だと言えます。

サッカーのポジション③OMFの解説③

性格と適性の解説

スルーパスやミドルシュート、1.5列目からの飛び出し、ゾーンの間で受けるテクニックなど様々なプレイを高水準で行えなければ役割が務まりませんから、やはり「10番」的なチームのエース選手であることが適性だと言えます。

筆者の個人的な意見では、相手を崩すための動き方や戦術的なセンスに優れているならば、運動量やディフェンスの献身的なプレスで貢献出来ますから、スキルにこだわる必要もないかと思います。

と言うのも、どうしてもポジションの役割上オフェンスに比重を置きすぎてチームバランスを壊しやすいポジションでもあるからです。現在のサッカーの主流のフォーメーションでトップ下という概念が消えつつあるのは、ここに原因があるかもしれません。

性格面で適性を考えると、そのときの局面を俯瞰してイメージできる創造性がある方が向いていると言えます。具体的に言うと、人と違うことを好む性格でしょうか。

オフェンスの肝は相手の予測とタイミングを外す意外性ですから、オフェンスの中心としてパスやドリブルなどで違いを出すことにこだわる方が、トップ下らしい選手になれると思います。

サッカーのポジション④CMFの解説

 (5865)

現代サッカーでは「インサイドハーフ」という名前が流行っていますが、求められる役割に一番近い名前は「センターハーフ」だと思います。
まさにサッカーのピッチ上の中央にポジションを取り、ディフェンスを助けオフェンスの起点となるべきポジションで、サッカーにおけるあらゆるプレイを行わなければならない上に、常にチームバランスに注意を払い、勝利のためにチームを支えつつ自身も得点を狙ったり決定機を演出するなど、非常に忙しく様々な役割を同時にこなさなければならないポジションでもあります。

サッカーのポジション:CMF解説①

役割と動き方の解説と図

 (5874)

最優先でこなすべき役割は、チームを機能させる動き方を試合終了までやり続けることでしょう。

試合中に目まぐるしく攻守が変わる度に前に出たり後ろにさがったりと、最終ラインと前線の間を効果的に埋めることで、オフェンスもディフェンスも円滑に機能するようにな動き方が大事です。また図のように左右の動きでスペースを埋めることも大切です。

またトップ下を置かない戦術の場合、トップが動いた後のスペースに飛び込んで、トップ下のように中途半端な隙間で受ける役割をしたり、トップを追い抜いて飛び出すことで得点を狙ったり相手最終ラインを下げてトップやウィングのカットインを助けたりする動き方も重要な役割になります。

サッカーのポジション:CMF解説②

オフェンスとディフェンスの解説

オフェンスにおいてはトップ下の役割を担いますが、ディフェンス時はFWやWGとともにボール奪取のためのプレスを行う役割があります。

しかし、センターハーフが自身の担当ゾーンを離れすぎると、バイタルに侵入されやすくなりますから、プレスの意識をどこまで持った動き方をするべきかは、周囲の味方の位置や相手のポジションによって適時判断しなければなりません。

アンカーがしっかりとバイタルをケア出来ているようならば、前線とのサンドによって奪うためのプレスが必要ですが、そうでなければアンカーの横まで下がってスペースを埋める方がディフェンスとしては良い場合もあります。

いずれにしても、オフェンスとディフェンスが入れ替わる際に、最適な動き方が出来るように、状況判断を的確に行えなければいけないと言えます。

サッカーのポジション:CMF解説③

性格と適性の解説

サッカーにおいてセンターハーフはチームのまさに中心的な役割ですが、かといって自身で積極的にゲームを動かそうとするよりは、バランスを保ちながら味方を効率よく使う意識があった方が良いでしょう。

そのために大事な適性として視野の広さはとても重要だと言えます。絶えず首を振って周囲の状況を確認する慎重さがないと、ボール奪取される危険性が高まりますし、ポゼッションにおけるパスミスが増えることになります。

また役割上常に動いてチームのバランスをとるわけですから、チームが間延びしないように最後まで走れるスタミナが欲しいところです。サッカーでは走れなくなる選手が出始めると全ての戦術が成り立たなくなってしまいます。
性格面での適性を述べると、トップ下の役割もこなすことから意外性を生み出す創造力が必要ですが、その違いをどの場面で出しどの場面では出さないのか、しっかりとしたリスクマネージメントを考えて使い分けられる判断力が大切だと思います。
一言で言うと「慎重かつ大胆」な性格であれば、難しいポジションであるセンターハーフの役割や動き方をこなせるでしょう。

サッカーのポジション:DMF解説

 (5866)

センターハーフと同じようにサッカーではチームの中心を担うポジションですので、それだけに人気や知名度が高く、名前も沢山あります。

「レジスタ」「ボランチ」「アンカー」「ビボーテ」「インコントリスタ」などなど名前がありますが、総じてCMFやDMFのポジションの名前として使われており、ディフェンスに比重を置くか、オフェンス面での役割も担うかで使い分ける必要がありますが、この記事ではボランチの名前で述べていきます。

ポジションの位置がフォーメーション上では重心の位置のような場所で、まさにチームの中心軸としての役割や動き方が求められます。
129 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーの監督の年収はどのくらい?海外リーグやJリーグ・高校サッカーの給与事情

サッカーの監督の年収はどのくらい?海外リーグやJリーグ・高校サッカーの給与事情

サッカーの監督の年収は所属するリーグやカテゴリーによって開きがあります。海外リーグの監督は12~28億円、J1リーグの監督は2億~数千万円と国内と国外でかなりの差があります。学校関係の監督の年収は教員であることが多いため300~500万円と教員としてのお給料がほとんどであることが多いです。
サッカーのアシストの定義とは?ゴールに関わるパスを詳しく知ろう

サッカーのアシストの定義とは?ゴールに関わるパスを詳しく知ろう

サッカーのアシストは、世界で統一された公式規則がないためリーグや大会で定義が違い、Jリーグでは公式に記録も表彰もしていませんが、プレミアリーグやリーグ・アンでは公式に記録し表彰しています。サッカーのアシストは、プレミアリーグが採用しているOpta社の定義が基準になり参考にされています。
元Jリーガーの現在とは?セカンドキャリアについて考察してみた!

元Jリーガーの現在とは?セカンドキャリアについて考察してみた!

元Jリーガーのセカンドキャリアは、タレントに転身する人やサッカー指導者になる人とさまざまです。特に日本酒を世界に発信する会社を設立した中田英寿氏やバラエティ番組にひっぱりだこの武田修宏氏の活躍が目覚ましいです。会社員に転身した元Jリーガーも多く、あらゆる分野で第2の人生を歩んでいます。
サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースとは?

サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースとは?

サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースには、心臓病・選手同士の交錯・ボールの直撃・壁や用具の激突・パフォーマンスの失敗・落雷事故があります。観客も、サポーターの暴動・運営や施設の問題で事故になってしまったケースがありました。サッカーの試合中の死亡や事故を防ぐ対策は年々強化されています。
アッレグリ戦術とは?マッシミリアーノ・アッレグリ監督の戦術を解説!

アッレグリ戦術とは?マッシミリアーノ・アッレグリ監督の戦術を解説!

アッレグリ戦術とは、世界的に有名なマッシミリアーノ・アッレグリ監督が考案した、選手の個性を充分に活かすためのサッカー戦術です。アッレグリの名を轟かせるきっかけとなった変則フォーメーションや、クロスボール戦術をはじめとした具体的な方法を、実践例と併せて解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS