2020年2月16日 更新

ポゼッションサッカーとは何か?サッカー戦術理論を解説!

様々あるサッカー戦術の中で、バルセロナやスペイン代表、ドイツ代表が採用しているのがポゼッションサッカーです。その対義戦術としてあげられるのが守備的陣形から一気にカウンターを仕掛けるリアルサッカーです。今回は強豪チームが採用するポゼッションサッカーに焦点をあて、ポゼッションサッカー戦術理論を解説します。

39,922 view お気に入り 0
バルセロナのようなポゼッションサッカーを採用しているチームのセンターバックには、長身でフィジカルに強い選手ではなく、小柄でも足が速いマスケラーノのような選手を起用しています。これは相手陣内に侵入した際にボールを奪われてもすぐにディフェンスラインに戻れるスピードを優先しているという意味からです。決して守備的になるという意味ではありません。
いかに瞬時にディフェンスラインを整えられるか、言い換えれば攻守の切り替えができるかがポイントといえます。

ポゼッション率が高くても負けることはある

YouCoach on Instagram: “インテンシティ保ちながゴールを2つ設置した4対4のトレーニング!  YouCoach (Twitter/Instagram/Facebook) #YouCoach #YouCoachJP #Soccer #SoccerCoach #サッカー #サッカーコーチ #サッカー選手…” (24409)

ポゼッション率が高ければ失点のリスクは低いという理論になっていますが、必ずしもポゼッション率が高ければ勝てるということにはつながりません。

拮抗した試合の中で、先ほどもお話ししたように、カウンターをくらう場面はありえるということを意味しています。ポゼッションサッカーに対するリアクションサッカーがそれです。

そもそもリアクションサッカーはポゼッション率を意識せず、守備的陣形で相手を自陣内に誘い込み、ボールを奪ったら相手ディフェンスラインが整う前に攻撃を仕掛けてゴールを奪うということを理想としています。

バルセロナのようなスター軍団が仕掛けてくるポゼッションサッカーに対して、同じくポゼッションサッカーで真っ向勝負を挑めるチームはほとんどなく、このようなチームには守備的に構え、カウンターを狙う戦術が有効とされています。

ポゼッションサッカーに必要な要素

Masashi Kibata on Instagram: “母校サッカー部と練習試合⚽2年生レギュラー組に勝利✌#母校 #西武台 #2-1 #ポゼッション #30%くらい #でも勝ち #結果にこだわる” (24414)

ポゼッションサッカーはショートパスを繋ぎボールを保持しながら相手陣内へ押し込み、スペースを見つけながら相手を崩していくわけですが、そこに必要な要素をまとめると、
次のようになります。
・狭いスペースで素早く正確なショートパスで連携できるテクニック
・オフ・ザ・ボールでのスペースへ切り込む判断力
・テクニックを兼ね備えたスピードスターなセンターバック
・走りながらパスを繋ぐ能力

狭いスペースで素早く正確なショートパスで連携できるテクニック

ショートパスになるわけですから、味方同士が比較的狭いスペースで展開することになります。その狭いスペースでボールを保持して時間を要してしまうと、相手ディフェンダーの数も1枚ではないため、複数のプレッシャーでボールを奪われてしまいます。ボールを受ける前から、見方がどこにいてどのような動きをしようとしているのかを予測判断し、正確なパスが出せる連携力を常日頃から練習しておくことが必要になります。

オフ・ザ・ボールでのスペースへ切り込む判断力

ショートパスを繋ぎながらビルドアップし、最終的にゴールに結びつけるためにバイタルエリアでスペースを見つけることが必要です。そのスペースへ切り込む判断力、相手を欺くオフ・ザ・ボールの動きが重要になってきます。

テクニックを兼ね備えたスピードスターなセンターバック

ビルドアップに参加できるためのボールテクニックだけではなく、ポゼッションサッカーの弱点である相手の守備的カウンターに対応できるよう、スピードスターのセンターバックを置くことも重要になります。

走りながらパスを繋ぐ能力

ただ単にショートパスを繋ぐだけでビルドアップをし、いざバイタルエリアを見ると相手ディフェンダーが守備的にブロックを固めている場合があります。このような場合にパスを回しているだけでは時間だけが過ぎてしまい、焦りに繋がるだけです。
そこでビルドアップ時には走りながら、相手ディフェンスラインが整う前にできるだけ速く相手陣内に侵入したり、オフ・ザ・ボール選手はアップダウンを繰り返したりと走りながらパスを繋ぐ能力が重要になります。ブラジルワールドカップで優勝したドイツ代表などは徹底的に練習を繰り返し、実践した正に典型的な例と言えます。

日本代表のポゼッションサッカーとは?

@ceffect_makita on Instagram: “撮りたいクラブワールドカップsemifinal 12/17 バルセロナvs広州恒大 @日産スタジアム philosophy見せつけられた夜⚽️ #クラブ以上のクラブの哲学は爆買いできない #バルセロナ #哲学 #ポゼッション #失ったところからのプレス #クラブワールドカップ…” (24426)

伝統的に守備的陣形からカウンターを仕掛けるスタイルを維持してきた日本代表でしたが、ザッケローニ監督により、3-4-3の超攻撃的布陣のポゼッションサッカーが取り入れられ練習を重ねてきました。世界の舞台ではどうしてもフィジカルで弱点を見せてしまう日本代表にとって、細かくパスを繋ぐポゼッションサッカーは合っているかのように見受けられましたが、それはアジアでの話。ワールドカップ本大会では通用しませんでした。
そこで得た本当の意味でのポゼッションサッカーとは、簡単ではなく、全員の高度なボールコントロール技術、全員の献身的な攻守に渡るフォローがあって初めて成り立つものでした。

日本代表のポゼッションサッカーが世界で通用しなかった理由

ゲキサカ on Instagram: “柴崎が開幕スタメンでリーガ1部デビュー…ヘタフェ、数的不利に陥るも敵地でビルバオとドロー #柴崎岳 #shibasaki #gakushibasaki #ヘタフェ #getafe #liga #laliga #リーガエスパニョーラ #サッカー#soccer #football…” (24429)

ザッケローニ監督のポゼッションサッカーによりワールドカップアジア予選は突破したものの、世界の強豪国相手には通用しなかった、その理由は次のとおりでした。

・世界に通用しない技術力不足
・練習時間が無いための連動制の無さ
・ポゼッションサッカーに適応できるスピードとテクニックを兼ね備えたセンターバックの不在
・予選では3-4-3という攻撃的布陣を敷いたにも関わらず、準備不足から本大会では4-2-3-1の守備的布陣を採用した

現在の日本代表のポゼッションサッカー戦術理論

Ibara_VamosGAKU on Instagram: “バルサvsヘタフェチャンスはあったのにな…結果を焦り過ぎちゃったのかな…頑張れ 岳‼️ #柴崎岳 #メッシ #リーガエスパニョーラ” (24432)

ポゼッションサッカーを取り入れ、世界の壁を痛感した日本代表でしたが、現監督のハリルホジッチ監督が目指したものは、ザッケローニ元監督のポゼッションサッカーにカウンターのリアルサッカーを融合したものでした。

バルセロナのように高度な技術も無く、連携を深める練習もままならない欠点を補うため、高い位置からハイプレスを仕掛け、ボールを奪ったら相手ディフェンスラインが整う前に縦に速いショートカウンターを展開するものでした。

代名詞といえる「デュエル」を重視し、1対1の強さを求める練習を重ね、球際の強さでは一定の成果を見せています。

ポゼッションサッカー戦術が光った時とは?

55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球の戦術を解説!強い人に勝つ方法と必要な考え方とは?

卓球の戦術を解説!強い人に勝つ方法と必要な考え方とは?

卓球の戦術を考えることは、試合に勝つために必要不可欠な要素です。卓球の戦術を考えるために、自分のプレースタイルの特徴や相手の弱点を把握していきましょう。また、卓球の戦型によって適した戦術は異なり、プレースタイルに合った戦術を実行することで勝利に近づくことができます。
卓球ダブルスの戦術と必勝法とは?勝つための方法を考えよう

卓球ダブルスの戦術と必勝法とは?勝つための方法を考えよう

卓球のダブルスの戦術は、自分とパートナーの戦型の特徴や、対戦相手の特徴によって決めることが重要です。また、卓球のダブルスで勝つためには、パートナーのポジションや強みを考えながら、打法を選択していくようにしましょう。ダブルスは強い選手同士が組めば必ずしも勝てるわけではなく、勝つための戦術が明確になっているペアが勝ちやすくなります。
ブルペンデーとは?プロ野球や大リーグの戦術の意味を解説!

ブルペンデーとは?プロ野球や大リーグの戦術の意味を解説!

ブルペンデーとは、先発投手を温存させ中継ぎのリリーフ陣のみで1試合投げ切る作戦です。メジャーリーグ(MLB)で定着しつつある作戦で、プロ野球でも2019年シーズンにブルペンデーを採用する球団が出てきました。ブルペンデーを活用することで、相手打線を翻弄させる意味・効果があります。
サッカーのオフェンス戦術とは?基本的な攻撃技術から練習方法を解説

サッカーのオフェンス戦術とは?基本的な攻撃技術から練習方法を解説

サッカーのオフェンス戦術とは、得点を奪うための戦い方のことです。オフェンスで多くの得点を奪うためには中央突破やサイドアタックなどのオフェンス戦術を理解する必要があります。オフェンス戦術を正しく理解し、練習を積むことで、チームの攻撃力を高めることができます。
マリノスのフォーメーションと戦術を考察!強さの秘密はどこにある?

マリノスのフォーメーションと戦術を考察!強さの秘密はどこにある?

横浜Fマリノスのフォーメーションは4-3-3を基本として、ポゼッションサッカーで圧倒的な強さを示してきました。横浜Fマリノスが展開する攻撃的で魅力的なサッカーは、緻密に構成されたフォーメーションや戦術から成り立っていて、多くのサッカーファンの注目を集めています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9