2020年12月5日 更新

卓球サーブの打ち方!回転系サーブ5種類を徹底解説!【初心者ガイド】

攻撃の第1球とも言われる卓球のサーブの打ち方とやり方はとても大事です。卓球のサーブがきちんとp習得できているか、いないかの違いで卓球の試合で勝つ確率が大幅に変わってくるからです。しっかりと卓球のサーブの打ち方とやり方を習得して、卓球の技術を上げていきましょう。

209,372 view お気に入り 0

卓球のサーブとは?

Free photo: Table Tennis, Ping Pong, Sport - Free Image on Pixabay - 2565145 (18573)

卓球のサーブは相手に影響されずに打つことができる唯一のショットです。サーブ権が自分側にある時は、サーブから始めることができます。
卓球のサーブは相手に影響されずに打つことができ、フォームが崩されないので打ちやすいショットです。ですが、確実にきめなければいけないショットでもあります。

それを意識してしまい、ただ相手のコートに入れるだけの打ち方になってしまってはサーブの意味がありません。相手のコートに入れることは基本であり、相手が返しにくいサーブを打つことがコツになります。

卓球のサーブには様々な種類の打ち方やフォーム、やり方があります。これらの打ち方やフォーム、やり方を覚えて、自分のサーブにしていくことをおすすめします。そうすれば、自分の武器が増え、卓球の試合で勝利を近づけることができます。

卓球のサーブは相手に影響されず、フォームを崩されずに打てて、攻撃を始めることができるショットです。卓球のサーブのやり方の基本を確実にものにして上達し、卓球のサーブの技術を上げていきましょう。

卓球サーブの種類

 (200345)

卓球のサーブは、打ち方や回転のかけるやり方によって、サーブの種類が分けられます。サーブの種類は主に次の5つです。
卓球のサーブは、打ち方や回転のかけるやり方によって、サーブの種類が分けられます。サーブの種類は主に次の5つです。

①ロング(前進回転)サーブ
②下回転サーブ
③横回転サーブ
④しゃがみこみサーブ
⑤ナックルサーブ


前進回転(上回転)をかけるやり方の卓球のサーブがロングサーブ、下回転をかけるやり方の卓球のサーブが下回転サーブ、横回転をかけるやり方の卓球のサーブが横回転サーブ、しゃがみこみながら打つサーブがしゃがみこみサーブ、回転をかけないサーブがナックルサーブです。

それぞれのサーブで、打ち方や打つ時のフォームが異なります。また下回転サーブと横回転サーブは、フォアハンドの打ち方(フォアサーブ)と、バックハンドの打ち方(バックサーブ)があります。それぞれの卓球のサーブの打ち方やフォーム、やり方をしっかりと覚えていきましょう。

では、それぞれのサーブの打ち方や、やり方を1つずつ見ていきます。

ロング(前進回転)サーブ

ロングサーブとは?

快速ロングサーブの出し方【卓球知恵袋】

ロングサーブは前進回転かける打ち方の卓球サーブです。フォアハンドで強い上回転をかけて、相手コートの深いところに打ち込みます。

非常にスピードのあるサーブを打つことができる打ち方です。それと同時に、上回転をかけるやり方のサーブなので、他のサーブの打ち方をとは違い打球がバウンドしやすいので、コースが甘いと簡単に返されてしまいます。スピードとコースに気をつけて打つようにしましょう。

またこの卓球のサーブは、基本的なフォアハンドの打ち方、基本的なフォームで打つことができるサーブなので、初心者の人でも比較的簡単で打ちやすいフォームのサーブです。初心者の人は、この卓球サーブからサーブの練習を始めることをおすすめします。

打ち方

ロングサーブのラケットの持ち方グリップの握り方は、シェークハンドか、ペンホルダーです。
そして卓球のロングサーブの打ち方、やり方はまず、構えから真上に高くトスを上げて、ボールをトスした手を引きます。
次にボールの上側をこするように打ちます。このインパクトの時は、ラケットの面をややかぶせ気味にします。
そして、ラケットを後ろから前へ押し出すように振り抜きます。

この一連のフォーム、スイングを速くする打ち方、やり方によりサーブにスピードを出すことができます。

ロングサーブのコツ

高速ロングサーブを成功させる7つのコツ【卓球知恵袋】

卓球のロングサーブのやり方のポイントは、ラケットのスイングを始める前のバックスイング時に、後ろ足(右利きなら右足、左利きなら左足)に体重を乗せることです。そして、スイングの時に後ろの足にかけた体重を前の足に移動させながら打つようにします。この体重移動を行う打ち方により、サーブの威力が上がります。体重移動をしっかりと行うことがこのサーブの上達の近道です。
またこれは、他のフォアハンドで打つサーブでも同じことが言えるのでしっかりやり方を覚えておきましょう。

低い位置でのインパクトも心がけましょう。低い位置でインパクトを行う打ち方により、低いバウンドのサーブを打つことができるからです。ロングサーブは相手も返しやすいサーブなので、インパクトを低い位置で行い、バウンドを低くして、相手コートの深いところへ飛んでいくサーブのやり方で、サーブを打てるようになりましょう。

初心者の人にとって、この卓球サーブの練習はフォアハンドのやり方、ショットの打ち方の上達にもなるのでおすすめです。

下回転サーブ

下回転サーブとは?

下回転の卓球のサーブは、卓球の回転系のサーブの中で最も基本となる打ち方のサーブです。

下回転で、手前に戻ってこようとするバックスピンがかかっているため、ボールのスピードは遅いですが、打ちにくいボールなので相手のレシーブからの攻撃を防ぐことができます。

落ち着いてサーブの次の攻撃につなげたい時や、相手の出方をうかがってからラリーに入りたい時に有効なサーブです。

卓球の回転系のサーブを習得したい初心者の人は、この下回転サーブのやり方の習得を目指しましょう。

フォアサーブの打ち方

下回転サーブが誰でも簡単に切れる方法

下回転サーブのラケットの持ち方グリップの握り方はシェークハンドか、ペンホルダーです。

そして卓球の下回転サーブのやり方はまず、構えた状態からトスを上げて、トスを上げた手を引いて体重を後ろの足に乗せます。

ラケットを寝かせてボールを低い位置でとらえるようにします。この時、ラケットの振りと合わせて、後ろ足に乗せた体重を前足へ移動させ、ラケットを体のそばでボールの底を切るようにラケットを振ります。

最初のバウンドは、ネットの近くに落とすようにしましょう。

フォアサーブのコツ

フォアハンドの下回転サーブのやり方のポイントは、まず体重移動を行いながらサーブを打ちます。体重移動を行う打ち方により、サーブの威力を上げることができるからです。

また、ラケットにボールをあてるやり方ではなく、ラケットでボールの底を切るようなやり方で打ちます。ラケットを曲線的に動かしてボールの底を丸く包むように切るイメージの打ち方で下回転サーブを打つことができれば、ボールに強い回転がかかり、強力な下回転サーブを打つことができます。

バックサーブの打ち方

78 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

バレーボールのオープントスは、レフトとライトのウイングスパイカーに向けて上げるトスで、高く大きな弧を描くことが特徴です。オープントスはバレーボールの試合中に一番使われるトスで、打ち手の能力を十分活かせることがメリットですが、ブロックが必ずつくデメリットもあります。
アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
プレスバックのやり方とは?上手にプレッシャーをかけてボールを奪おう

プレスバックのやり方とは?上手にプレッシャーをかけてボールを奪おう

サッカーのプレスバックとは、ボールを持った相手選手に自陣へ戻りながらプレッシャーをかけることです。プレスバックは相手の背後からプレッシャーをかけ、味方と相手を挟み込むことでボールを奪います。攻撃的選手の守備戦術で、サッカーの勝敗を大きく左右する重要なプレーです。
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MOSK MOSK