Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ボディメイク
  4. >
  5. 腹筋ローラーの効果と効く...
腹筋ローラーの効果と効く部位は?腹筋ローラーのポイント解説!

腹筋ローラーの効果と効く部位は?腹筋ローラーのポイント解説!

腹筋ローラーはお腹に筋肉もつけてくれるし、お腹の脂肪もとってくれる効果のある最強のアイテムです。腹筋ローラーはその効果が絶大なことから、トレーニングする時の負荷も相当かかります。 腹筋ローラーはお腹に効果があるだけでなく、全身にも効果のあるアイテムです。

2021.12.16 ボディメイク

腹筋ローラーとはどんなもの?効果は?

Instagram (11911)

腹筋ローラーとはどんなものか聞いたことはあるけれど、どんな効果があるのか、どんな部位に効果があるのか、分かっていない人も多いと思います。
腹筋ローラーというくらいだから腹筋に効果があるアイテムだということは分かっていると思います。

腹筋ローラーは最強アイテム

腹筋ローラーは腹筋をするメニューの中では、効果が1番あると言って良い最強アイテムです。腹筋ローラーとは小さいタイヤみたいな車輪がついていて、そのサイドに手で持つためのバーがついています。そのバーを持ちながら体を前へ伸ばして、後ろへ戻して動かして腹筋を刺激していき、筋トレ効果のあるアイテムです。

腹筋を鍛える運動とは、皆さんがよく想像するのは三角座りした状態から、体を起こしたり下げたりする運動ですよね。それでも十分に腹筋を鍛えるために効果があります。

腹筋ローラーとは腹筋を常に鍛え続けられるアイテムでもあります。腹筋だけでなく、体幹、背筋、さまざまな筋肉に効果を与えて常に鍛え続けることが出来ます。

どうして常に腹筋や体幹、背筋が鍛えられるかというと、腹筋ローラーを使って体を前に伸ばす時に体の全体重がかかるから効果があります。

腹筋ローラーはお腹が出ている人にオススメ

腹筋ローラーとは腹筋や体幹を鍛えるため、筋肉をつけるためと思われていて、脂肪がついている私には関係ないって思っている人もいるかもしれません。男性も女性も年齢ととともにお腹に脂肪がつきやすくなってきます。

お腹に脂肪がつきやすいのは分かっていて、そろそろ痩せないといけないと思ってダイエットをしている人も多いです。そういった痩せたいと思っている人にも腹筋ローラーには効果があります。

腹筋ローラーは脂肪燃焼もしてくれる

腹筋ローラーとは筋肉をつける効果もあるのですが、体全体を支えている体幹、背筋に大きな力が伝わり効果が出るため、消費カロリーも多くなります。消費カロリーが多くなるから脂肪燃焼をしてくれます。

お腹に脂肪がついていると男性でも女性でも気になりますよね。スタイルも悪く見えてしまうし、異性の目も気になってしまいますよね。

腹筋、体幹をキレイに見せるためのポイント

 (104273)

腹筋、体幹をキレイに見せるため、そこに効果を出すためには、お腹まわりの脂肪を減らすことが第一です。お腹とは筋肉と脂肪が混ざりこんでいます。お腹とは内側には腹筋があるのですが、その上に脂肪がついてしまっているのでお腹が出て見えてしまうのです。

脂肪を減らさない限りは内側の筋肉が見えてこないので、理想の腹筋を手に入れることが出来ません。まじは脂肪を減らすことを最優先に考えなければいけません。

それと同時にお腹の内側の筋肉もつけることをしないといけません。脂肪を減らすためには筋肉もないと刺激が足らないからです。それにただ脂肪を減らしただけでは、理想の体を手に入れることは出来ません。女性も男性も理想としているくびれのある腹筋、体幹を手に入れることが出来ません。そのためには、腹筋ローラーというアイテムがオススメです。

腹筋ローラーとは腹筋以外の部位も鍛えられる

 (104278)

腹筋ローラーはその名前から腹筋、体幹を鍛えられることは分かっていると思います。でも実は腹筋ローラーとは腹筋以外の部位も鍛えられる最強のアイテムです。効果も絶大ですが、少ない回数でも負荷がかかるキツいトレーニングでもあります。ただ、逆をいえば少ない回数なので短時間でトレーニング効果のでる方法でもあります。

トレーニング効果だけでなく、腹筋ローラーとは動きも簡単なので、初めての人でも使いやすいっていうのもオススメポイントです。

最強アイテムなだけに全身鍛えられる

そして、腹筋だけに注目されているのですが、全身の部位を鍛えることが出来るので、腹筋ローラーといいながら、全身筋トレローラーといってもいいかもしれません。

腹筋以外のどんな部位に効果あるかといえば、腰、背筋、腕、腹斜筋、胸筋、体幹、下半身、これだけの部位に効果があります。どういった効果があるかはこれから部位別に紹介していきますね。

腹筋ローラーといわれているから、腹筋だけしか鍛えることが出来ないと思っている人も多いんです。せっかくなら腹筋だけでなく全身を鍛えるってことを考えてみてほしいです。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

腹筋ローラーで鍛えられる部位【腹筋】

腹筋

腹筋

腹筋ローラーで鍛えられる部位で1番効果のある部位は腹筋です。その中でも腹斜筋が鍛えれます。腹筋ローラーとは腹筋を鍛えられて、筋肉をつけることも出来るし、脂肪を燃焼することも出来ます。

腹筋ローラーで腹筋を鍛えることは腹筋の中の部位でも腹斜筋と下っ腹を鍛えることに繋がります。普通の腹筋運動の場合は腹斜筋への効果はなく、お腹の真ん中にある腹直筋のみです。

しかし腹筋ローラーを使うことで、お腹の横の筋肉である腹斜筋を鍛えることが出来ます。腹斜筋が鍛えられていなくて脂肪がついていると、くびれのあるいい体にはなれません。

腹筋ローラーで鍛えられる部位【腹斜筋】

腹斜筋

腹斜筋

腹斜筋は本来であれば、お腹を横にひねるトレーニングをして鍛えられる筋肉です。しかし腹筋ローラーの場合は、体幹を含めてお腹まわり全体に効果があり、腹斜筋への効果も出来ます。

腹斜筋が鍛えられることで脂肪もつきにくくなるため、腹直筋だけでなく腹斜筋を鍛えることがダイエットしやすい体に近づいていきます。それくらい腹斜筋っていうのは大事なんですよ。

筋トレをしている人なら分かると思うのですが、逆三角形の体は魅力的ですよね。その逆三角形の体になるために腹斜筋を鍛えるのは大事です。腹斜筋を鍛えることで正面から見た時にスッキリとしてラインに見えます。腹斜筋っていうくらいだから、斜めにキレイなラインが入るってことです。

腹筋ローラーで鍛えられる部位【腰】

腰

腹筋ローラーとは腹筋に効果がありますが、お腹まわりは体の前へ横だけでなく、後ろも繋がっている筋肉なんですよ。お腹の後ろ側といえば、腰の筋肉と背中の筋肉、いわゆる腰筋と背筋です。そこに効果を出してくれるのが腹筋ローラーです。

お腹ばかりが鍛えられても後ろの腰や背筋がぼよっとしているとスタイルがカッコ悪くなります。そういった意味でも腰と背筋は鍛えておかないといけません。腹筋ローラーではローラーを体を伸ばして前後に動かしていくと効果があるのですが、前に伸ばして伸びきった時に体全体を支えるという意味で腰と背筋が鍛えられます。

腹筋ローラーで鍛えられる部位【背筋】

背筋

背筋

バーで支えていますが、簡単にいえば、床と平行に体を保つためには、腰と背筋をまっすぐにしないといけないため、腰と背筋に力が入ります。腰と背筋が鍛えられることでスタイルを良くするという意味もありますが、筋肉がつくことで腰痛予防にもなります。

腰や背筋の筋肉は普段では見えない筋肉になるため、どうしても腰や背筋はトレーニングメニューとしても後回しになってしまいます。しかし腰や背筋の筋肉が弱いと気付いた時にはもう遅いかもしれません。あれだけ腹筋をしているのに、ウエストが細くならないのは、後ろにある腰と背筋に脂肪が溜まってしまっているからです。ウエスト回りをすっきりさせるためには腰と背筋は重要なのです。

腹筋ローラーで姿勢も改善できる

背筋を鍛えるメニューはうつ伏せになって、体を反るトレーニングメニューが多いですが、腰を痛める原因にもなるため、あまりオススメしません。せっかくであれば、腹筋も背筋も同時に鍛えることが出来る腹筋ローラーをオススメします。ウエスト回り全体に効果がありますからね。

また腹筋ローラーによる効果で腰と背筋が鍛えられることで姿勢も改善されます。骨というのはその周りの筋肉で支えられているため、体幹の中心である腹筋、腰、背筋がバランスよくなっていないと姿勢が悪くなってしまいます。姿勢を良くするという意味でも腹筋ローラーには効果があります。

腹筋ローラーで鍛えられる部位【腕まわり】

Instagram (11934)

腹筋ローラーでは実はお腹まわりだけでなく、腕まわりを鍛える効果もあります。腕まわりの中でも特に上腕三頭筋を鍛えることが出来ます。上腕三頭筋とは二の腕周辺の筋肉です。上腕三頭筋を鍛える方法は腕を伸ばしたり、物を押したりする時に力が加わるため、腹筋ローラーを前に押す、後ろに引く時に上腕三頭筋を鍛えることが出来ます。

見た目としても上腕三頭筋は大事

上腕三頭筋が鍛えられていないと、脂肪がついてしまい、脂肪がつくことでブヨブヨ二の腕になってしまいます。特に二の腕は女性にとっては気にしたい部分ですよね。

男性としても夏場にTシャツからたくましい腕が見えることでカッコ良さも増しますからね。逆に腕がブヨブヨしているとだらしない男性と思われてしまうので、そういった意味でも上腕三頭筋を鍛えることは重要です。腹筋ローラーにはその効果があります。

上腕三頭筋って腕立て伏せやベンチプレスをする時にも使っている部位で、その場合は胸筋と一緒に鍛えれていますが、腹筋ローラーの場合は腹筋と一緒に上腕三頭筋を鍛えてくれる効果があります。

腕まわりということであれば、肩の筋肉である三角筋も鍛える効果が腹筋ローラーにはあります。三角筋を鍛えることで肩幅が大きく見えて男性の場合は、逆三角形のたくましい体へと近づけてくれます。女性の場合は三角筋を鍛えることでバストアップの効果もあるみたいなので、腹筋ローラーは万能ですね。

腹筋ローラーで鍛えられる部位【胸筋】

胸筋

胸筋

これは意外や意外なのですが、腹筋ローラーを使う事で胸筋を鍛える効果があります。胸筋って男性の場合、たくましい体を作るための重要な筋肉です。女性にとっても形の良いバストを目指す時に胸筋は大事です。胸筋を鍛えるトレーニングといえば、ベンチプレスって思う方は多いと思います。でもなかなか胸筋を鍛えるためのベンチプレスを家ですることは出来ないですよね。

腹筋ローラーであれば、腕を伸ばした時に全体重を支えるため、胸筋を使います。そして起き上がりながら戻る時にも胸筋を使っています。ただ、胸筋に効果のあるベンチプレスみたいにウエイトを持つ訳ではないため、めちゃくちゃ胸筋が鍛えられる訳ではありません。腕立て伏せに近いくらいの胸筋は鍛えることが出来ます。

胸筋は大きい筋肉なので鍛えられることで消費カロリーも増えるのでダイエット効果も期待できます。腹筋ローラーでは大きい筋肉である腹筋、背筋、胸筋とマルチに鍛えることが出来ます。

腹筋ローラーで鍛えられる部位【体幹】

体幹

体幹

体幹といえばインナーマッスルです。腹筋ローラーは体全体を支える効果があるため、体幹を鍛えることが出来ます。体幹って分かりにくいですが、外に見えている筋肉ではなく、体の内側にある小さな筋肉のことです。
この体幹の筋肉を鍛えておくことで体のバランスもよくなるし、何より内側の脂肪を燃焼することが出来るため、ダイエットにも繋がっていきます。

腹筋ローラーで鍛えられる部位【下半身】

下半身

下半身

腹筋ローラーで鍛えられる効果のある筋肉で忘れてはいけないのが、下半身への効果です。腕を伸ばす動きなので上半身が鍛えられるのは分かりますが、実は下半身も体をキープするという意味で効果があります。

特に下半身の中でもお尻の筋肉に効果があります。腹筋ローラーは1番効果のある筋肉はお腹まわりの筋肉です。お腹まわりの筋肉に1番近い筋肉は下半身のお尻の筋肉です。

下半身を鍛えることでスタイルが良くなる

腹筋ローラーを使った方法でヒザをついてトレーニングをする方法もあるのですが、それでも下半身のお尻を鍛えることが出来ます。下半身が太いのとかを気になっている女性も多いです。

男性でも上半身だけでなく下半身を鍛えてたくましいお尻、太ももを見せたいっていう人も多いです。男性の場合は夏場に半ズボンになるため、そういう時に下半身のふくらはぎが見えたりしてたくましいとか分かりますよね。
半ズボンの時でなくても、ジーパンを履いている時に下半身の太さって気付きますからね。ジーパンのサイズで下半身の太さが分かってしまいますからね。

腹筋ローラーを使って下半身が鍛えられるって思う人はいないと思うので、今回これを知ってもらって腹筋ローラーを使って下半身を鍛えるようにしていきましょう。腹筋ローラーといいながら下半身にも効果があるというのはすごいことですよね。

腹筋ローラーをする時は上を向かないようにする

Instagram (11949)

腹筋ローラーの効果をしっかりと出していくためには使う時のポイントを押さえておくことが大事です。その1つが腹筋ローラーをする体を倒す時に視線が上を向いてしまうことです。そうすると腹筋に力が入りにくくなるため効果が出なくなってしまいます。出来れば真っ直ぐか、もしくは少し斜め下くらいを向きましょう。そうすると腹筋ローラーの効果をしっかりと感じることが出来ます。

また、視線が上を向くことで背中が沿ってしまうことに繋がるため、腰を痛める原因にもなってしまいます。そういった意味も含めて、ツライかもしれませんが効果を出すために視線はしっかりと意識しましょう。

視線を意識するだけでフォームも変わってくるので効果も出やすくなります。腹筋ローラーは毎日でもしてほしいくらいなので腰を痛めないっていうのも大事ですよ。

腹筋ローラーをする時は呼吸をしっかりする

腹筋ローラーの効果をしっかり出すポイントとしては呼吸を意識することです。筋肉をつける、脂肪を減らす、どちらの効果を出すためにも呼吸は大事なポイントです。

呼吸をするポイントとしては体を前に倒す時は息を吐く、戻す時に吸う、これがしっかりと効果を出す時のポイントです。筋肉に刺激が伝わっている時は息を吐きましょう。

腹筋ローラーをする時は自分に合った方法でしましょう

 (104277)

腹筋ローラーは効果が絶大なだけに辛くて途中でやめてしまう人がいます。これだけ全身に効果があるのに途中で辞めてしまうのは勿体ないです。初心者の方や女性の方は、腹筋ローラーをする時は膝をついてするようにしましょう。最初から膝をつかずに伸ばしたまま行うことは効果はありますが、けっこう辛いです。

腹筋ローラーは初心者の方なら膝をつかない状態では5回くらい出来ていいくらいです。しっかりとした姿勢で行うと5回でも相当な効果を発揮してくれます。でもその5回も出来ない人は3回くらいになってしまいます。そうするとやってて意味あるのかなと思ってしまいます。出来れば1セット10回は行うようにしないと、効果もそうですが、やっている感も出てきません。

10回するためには膝をついて状態でも構いません。膝をついた状態で姿勢をしっかりとして行うことで、効果も出てくれます。膝をついて行うことで辛いのはマシになるため、出来れば3セットくらい行うことで膝をつかずに行う10回と同じくらいの効果が出てくれます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。