Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. プレッシングとは?サッカ...
プレッシングとは?サッカーのプレスの方法や種類について解説

プレッシングとは?サッカーのプレスの方法や種類について解説

プレッシングとは、サッカーの守備戦術の1つで、現代サッカーでは重要度が非常に高い戦術です。フォワードの選手ですらプレッシングに加わり、ボールの誘導やプレスバックなどの役割が求めらます。トップレベルの試合ではテクニックが優れていてもプレッシングができないために、試合に出られない選手がいます。

2021.12.16 サッカー

プレッシングとは?

プレッシングとは? (106189)

via プレッシングとは?
プレッシングとは、チーム全体で相手からボールを奪いにいくプレーのことを指します。

プレッシングを機能させることができれば、相手の攻撃の侵入を防ぎ、ボールを奪うことができます。

プレッシングは「相手の誘導→ボールを奪う」という手順で行います。狙い通りボールを奪うことができれば、そのままカウンターを仕掛けることが可能です。

プレッシングのポイント

 (106191)

プレッシングを機能させるためには、チームとして整理しておくべきポイントがあります。

以下のポイントを整理しておくことで、プレッシングの精度が高まり、ボールを奪う機会を増やすことができます。

プレッシングをかける高さの設定

どのようなディフェンスをしたいかによって、プレッシングをかける高さを設定しなくてはいけません。

この設定が曖昧になってしまうと、相手にプレーするためのスペースや時間を必要以上に与えることになってしまいます。

積極的にボールを奪いに行きたければ、プレッシングの開始位置を高く設定する必要があります。
逆に自陣に引いてしっかりと守備ブロックを形成して守りたければ、プレッシングの開始位置は自陣からになります。

追い込む場所の設定

効果的なプレッシングを行うときは、相手を追い込む場所を決め必要があります。

追いこむエリアを設定することで、その場所に多くのディフェンダーを割くことができ、よりボールを奪いやすい状況を作り出すことができます。

例えば、サイドに誘導してボールを奪いたいときにはフォワードやミッドフィルダーが中へのパスコースを消して、ボールを外へと誘導していきます。
そして、追い込む場所に味方の人数を集め、その場所にボールが入った時にプレッシングの強度をあげてボールを奪います。

連動性

  •        
  •        
  •        
  •       
    
 (106190)

プレッシングはチームで連動して行うことで成立します。

個人でボールを奪いに行くだけではプレッシングとは言えませんし、レベルが上がれば上がるほど、連動したプレッシングでなければボールを奪うことはできません

1人で懸命に相手のセンターバックにアプローチに行ったとしても、周りの選手がついてこず、他のフリーの選手にパスを出されてしまえばそこから守備組織は崩れていきいます。サッカーは、1人の選手の頑張りだけでは良い守備は構築できません。

プレッシングを逃げられた時の対応の設定

プレッシングを行っても、100%成功するという保証はありません。プレッシングをかいくぐられた時の対応方法もチームとして決めておく必要があります。

対応策を決めておかなければ、一度プレッシングを外されただけで相手にどんどんボールを運ばれ、失点するリスクが一気に高まってしまいます。

うまくプレッシングをかける練習と、そのプレッシングをかいくぐられた時の対応をタレーニング中から確認しておく必要があります。

プレッシングを用いた戦術

プレッシングの戦術的発達により、プレッシングを戦術の中心に据えるケースが増えてきました。

「プレッシングが最大の武器」と考える監督も多く、世界トップレベルのカテゴリーでも成果をあげているチームも少なくありません。

ゲーゲンプレス

アルバチャコフヒッキー on Instagram: “こんばんは〜 年内最終投稿になります。常に全力、そんな彼をリバプール市民は愛してる。  #イングランド #プレミアリーグ #リバプール監督#ゲーゲンプレス #ユルゲンクロップ #サラー #フィルミーノ #マネ  かつては、ドイツ🇩🇪…” (105591)

ゲーゲンプレスのゲーゲン(gergen)はドイツ語で「カウンター」という意味です。

前線でボールを奪われたら瞬間的に攻守を切り替え、強烈なプレッシングを開始します。できるだけ相手陣地深くでボールを奪い返し、素早くカウンターに転じる戦術です。

ゲーゲンプレスを世に知らしめたのが、ユルゲン・クロップ監督です。クロップ監督は、ブンデスリーガのボルシア・ドルトムン時代にゲーゲンプレスを武器にサッカー界を席巻し、トップレベルの監督へとのし上がりました。

ストーミング

LIVERPOOL 96stories 寡黙な副キャプテン on Instagram: “YNWA#liverpool #anfield #ynwa #thekop #thisanfield #thereds #weareliverpool #kop #kopites #premierlegue #LFC  #リバプール #リヴァプール” (105586)

ストーミングとは「嵐のような急襲」という意味を持つ、強烈なプレッシングを生かした戦術です。

マイボールの時もボールを大切にするというよりも、相手の嫌がる場所へとボールを入れることを優先します。そして嫌がる場所へとボールを入れ、相手に襲い掛かるようにプレッシングを行いマイボールにし、そのままの勢いで相手ゴールへと迫ります。

イングランド・プレミアリーグのリバプールFCはこの戦術を生かした戦術で世界NO.1にかかがき、「2020年 UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー」にも5選手が選出されました。

プレッシングに必要な個人戦術のアプローチ

チーム戦術のプレッシングを機能させるためには、個人戦術であるアプローチをしっかりと行う必要があります。

アプローチの行うときに注意するポイントを説明します。

ポジショニング

YutoNagatomo 長友佑都 on Instagram: “リベリーとの対戦楽しかったな。チームとしても個人としても出た課題をまた一つずつクリアしていきたい。#Ribery#inter#bayern” (106180)

相手にアプローチをかけるためにはポジショニングが大切です。

相手に使われたくないスペースを埋めつつ、マーカーにプレッシャーをかけることができるポジションをとります。

マークする相手ばかりにつられてスペースを開けてしまえば、そこから相手の攻撃を許してしまいます。しかし、スペースを埋めることばかり考えてしまえばプレッシャーをかけることができず、相手に自由を与えることになってしまいます。

タイミング

プレッシャーをかけるタイミングは、相手のボール保持者がボールを蹴った瞬間です。

このタイミングが遅すぎても早すぎても、効果的なアプローチにはなりません。

相手のボール保持者が蹴る前に動いてしまえば相手にその動きを見られてしまい、逆を取られてしまいます。一方、プレッシャーをかけるタイミングが少しでも遅れてしまえば、相手にプレッシャーがかかりきらず、出た行ったスペースを逆に使われるリスクも生まれます。

スプリント

Gフォーム/トゥルーソックス  🌏タキス🌍 on Instagram: “#Repost @hectorbellerin ・・・ Feeling fit & strong 💪 #ChooseSpeed @pumafootball…” (105598)

プレッシャーをかけるときはスプリントを行い、できる限りボール保持者に近づきます。

良いポジションをとり、タイミングよくアプローチを始めたとしても、そのアプローチの鋭さがなければ不十分です。

鋭くアプローチを行うことでボールを奪えなかったとしても相手のプレーは制限され、その後のプレッシングが効きやすくなります。相手はそのプレッシャーによって自らミスをする可能性も出てきます。

スプリントを連続して行えるスタミナもつけておくことが必要です。

高まるプレッシングの重要性

Diego Godín on Instagram: “Intentamos encontrar la victoria y dimos todo hasta el final!! Siempre es importante sumar si no se puede ganar!! Hay que seguir trabajando…” (106183)

現代サッカーではプレッシングのとても重要な戦術です。

選手の技術力は確実に上がってきており、1人の力でボールを奪うのは難しいため、チームとしてプレッシングを行えることは、当たり前のように求められます。

プレッシングは単なる守備戦術の1つではなく、強烈にプレッシングを行い、攻撃の第一歩として考えるチームも増えてきました。

プレッシングの重要度、そしてその質は今後もますます高まっていきます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。