2020年1月17日 更新

バレーボールのサーブの種類と打ち方まとめ!コレだけ見れば丸わかり

バレーボールのサーブは、全てのプレーの起点となる大切なプレーです。バレーボールのサーブには様々な種類があり、それぞれ特徴や打ち方が違います。一番ポピュラーなフローターサーブからママさんバレーのサイドハンドサーブまで、それぞれのサーブの特徴や打ち方を解説します。

13,393 view お気に入り 0

ジャンプサーブのコツ

ジャンプサーブを打つときのコツは3つです。

・トスを安定させる。
・最高到達点で全体重を乗せて打つために、自分の前方でボールを捉える。
・ボールインパクトの瞬間には、肘が伸びた状態で打つ。

全ての動きをスムーズに行うことで、強力なジャンプサーブを打つことができます。また、強力なジャンプサーブを打つには、正しいスパイクの一連のフォームを身につけることも大切です。

様々に変化するジャンプフローターサーブ

あ on Instagram: “*.*.2019.12.30*.*.まゆちゃん✨*.#石川真佑 選手#東レアローズ#17#サーブ#Volleyball#Vリーグはバレーだよ” (101628)

ジャンプフローターサーブとは、ジャンプをしてフローターサーブを打つことです。

普通のフローターサーブとの違いは、打点の高さです。フローターサーブよりも打点が高くなることから、フローターサーブよりもボールに変化が加わりやすくなります。

そしてフローターサーブより体重をかけやすくなることから、スピードのあるボールが打てるようになります。ボールにスピードが出ると、よりボールが変化しやすくなってレセプションを崩しやすくなります。

ジャンプフローターサーブの打ち方

ジャンプフローターサーブの打ち方

ジャンプフローターサーブの打ち方は以下の通りです。

①エンドラインのやや後方から助走する
②ジャンプのタイミングを見計らってトスを上げる。
③バックスイングを大きくとらず、ボールの中心を押し出す(押し込む)ように強く打つ。
④無回転にすることを意識して変化球にする。

ジャンプフローターサーブのコツ

ジャンプフローターサーブのコツは2つです。

・トスを安定させ、ジャンプとのタイミングを計る。
・ジャンプして高いポイントから打つ。


ジャンプフローターサーブはフローターサーブの進化系なので、フローターサーブの基礎を体得してから挑戦しましょう。フローターサーブはネットより低い位置から打つので、山なりのサーブになります。ジャンプフローターサーブは高い打点から直線的に打つことで、強いサーブを打つことができます。

変幻自在!ランニングジャンプフローターサーブ

k_higo on Instagram: “木村沙織選手が引退した日  #japan #vollyball #vleague #vleagueallstargame #vleagueallstargame2017 #saorikimura #kimurasaori #深谷市 #バレーボール #vリーグ…” (101632)

ランニングジャンプフローターサーブとは、ジャンプフローターサーブと違って、エンドラインと平行または斜めに助走して打つサーブです。

一見難しそうに見えますが、慣れると普通のジャンプフローターサーブよりも打ちやすいという選手もいます。このサーブの特徴は何といってもボールが不規則に変化しやすいということです。

ランニングジャンプフローターサーブの打ち方

ランニングジャンプフローターサーブの打ち方

ランニングジャンプフローターサーブの打ち方は以下の通りです。

①右利きの場合は、エンドラインの左から右へネットに平行か斜めに助走する。助走は3歩が基本。
②トスはやや右方向へ、高く上げるとタイミングが合わせづらいので低めに上げる。
③片足ジャンプでコンパクトなスイングで打つ。右側に流すとアウトになるので、まっすぐ前方あるいは左へのクロス方向へ打つ。

ランニングジャンプフローターサーブのコツ

ランニングジャンプフローターサーブを打つときのコツは3つです。

・助走の距離と方向を一定にする。
・トスを安定させる。
・ボールを打つ方向をしっかり意識する。

このコツを押さえて正しくミートすれば、ランニングジャンプフローターサーブはレシーバーにとって、コースやボールの変化が読みにくく、取りにくいサーブになります。

パワー勝負のドライブサーブ

ドライブサーブは、サイドハンドサーブに強い前回転をかけて強く打つサーブです。

ドライブサーブは前回転をかけることによって強く早いボールになり、普通のサイドハンドサーブよりも攻撃的なサーブになります。

ボールに回転を加えることによって、レシーバーの手前に落ちる軌道になりますが、より効果を上げるためにはボールに力を最大に加えて、早いボールにすることが大切です。ボールに勢いがないと、ボールが直線的になったり、落ちることを想定されてレシーブが簡単になってしまいます。

ドライブサーブの打ち方

バレーボールのドライブサーブの打ち方

ドライブサーブの打ち方は以下の通りです。

①ネットに対して直角に立つ。(右利きの場合は自分の左側がネットに向く体勢)
②肘を伸ばしたまま、反円を描くようにスイング、トスは自分のほぼ真横。
③ボールをミートするときに、ボールの上部を巻き込むようにスナップを効かせて手を真下まで振り下ろす。

ドライブサーブのコツ

81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。
卓球の巻き込みサーブの打ち方とコツとは?【卓球ガイド】

卓球の巻き込みサーブの打ち方とコツとは?【卓球ガイド】

卓球の巻き込みサーブとは、ボールを巻き込むようなモーションで打球するサーブです。巻き込みサーブの打ち方を、4種類に分けて紹介していきます。打ち方で気をつけるポイントは、同じフォームで違う回転を使い分けることです。さらに巻き込みサーブのコツは、体重移動を利用する、打球ポイントを意識する、長さとコースを工夫することになります。
ジャンプフローターサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説

ジャンプフローターサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説

バレーボールのジャンプフローターサーブは、ジャンプして打つフローターサーブです。普通のフローターサーブよりもボールに変化がつき、レセプション側にとっては取りにくいサーブになります。確実に武器になるジャンプフローターサーブの打ち方を基礎からわかりやすく解説します。
テニスのサーブを徹底解説!3種類の基本的な打ち方とフォームとは?【テニスコーチ監修】

テニスのサーブを徹底解説!3種類の基本的な打ち方とフォームとは?【テニスコーチ監修】

テニスのサーブには、フラット、スライス、スピンと3種類のサーブがあります。テニスの3種類のサーブを打ち分けることで、テニスの試合でサーブが武器となり、優位に試合を進めることができます。そんな3種類のサーブの打ち方やフォーム、コツを徹底解析します。
バドミントンダブルス!サーブとレシーブのコツとは?【初心者ガイド】

バドミントンダブルス!サーブとレシーブのコツとは?【初心者ガイド】

バドミントンダブルスにおいて重要な役割を果たすサーブとレシーブ。ダブルスならではの打ち方や考え方、そのコツについてご紹介します。初心者の方はこれを押さえてほしいというポイントもご紹介しますよ。
yuki |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵