2020年6月18日 更新

バレーボールのAクイックとは?具体的なやり方と意識するコツを解説

バレーボールAクイックとは、ミドルブロッカーとセッターの共同作業で行われる攻撃です。Aクイックではアタッカーとセッターが意識するポイントがいくつかあります。アタッカーは入る位置などを確認したら、セッターとトスを合わせていく作業に入ります。バレーボールでは、タイミングを合わせることを重視し、慣れてきたらアタッカーの最高打点でアタックヒットができるようにしていきましょう。

2,924 view お気に入り 0

バレーボールのAクイックとは?

バレーボールのAクイックとは? (112124)

via バレーボールのAクイックとは?

バレーボールのAクイックの攻撃場所

Aクイックの攻撃場所は、セッターからレフト方向の向きで、セッターからの距離が50cmくらいのところでアタックする攻撃です。なお、リターンがずれてセッターの位置がずれた場合には、原則としてセッターのところについていき、50cmの距離感を守るようにします。

【Aクイック①】バレーボール【スパイク】

バレーボールのAクイックのトスの高さ

バレーボールのAクイックのトスの高さ (112125)

via バレーボールのAクイックのトスの高さ
Aクイックのトスはオープントスと違って高くあげません。アタッカーの打点にもよりますが、ネットの一番上からボール2~3個分の高さになることが多いです。このボール2~3個分を基準に、アタッカーの打点に合わせてトスの高さを調整します。

バレーボールのAクイックのタイミング①

マイナステンポのAクイックは、空中でトスを待つタイミングで入ります。レシーバーの返球を確認し、セッターの手元にボールが入る前にジャンプし、空中でボールを待ちます。

マイナステンポの攻撃は、かなり早いタイミングで攻撃が仕掛け

バレーボールのAクイックのタイミング②

ファーストテンポのAクイックは、セッターがトスの上がってからジャンプします。上がってきたトスに対して、空中でボールと相手のブロックを見る余裕があるので、しっかりとコースに打っていきましょう。

また、ファーストテンポの攻撃を他のアタッカーと組み合わせるとシンクロ攻撃と呼ばれるものになり、ブロッカーはとても対処が難しくなります。

ゲスト解説!!【バレーボール】Aクイック(速攻スパイク)の打ち方!!

バレーボールのAクイックの4つのコツ(スパイカー編)

慣れないうちは助走を短く取る

スパイクのステップについては以下の記事も参照してください。

基本的には、Aクイックであってもスパイクの助走に大きな違いはありません。ただ、最初はセッターとの合わせにくさがあるため、助走を短く取るという方法があります。

【Aクイックの助走(2歩助走)】
①左足→右足で助走
②次の左足で踏み切り
③ジャンプ


助走をしっかり取って、高い打点で打つよりセッターとAクイックを合わせる場合に使用します。ラリー中など、助走を満足に取ることができない場合に使用することができます。

リターンをしっかり見る

山口良二 on Instagram: “#新鍋理沙#岩坂名奈 #野本梨佳 #久光製薬スプリングス#VLEAGE初代女王 #アウトサイドヒッター#ミドルブロッカー” (106614)

Aクイックの場合は、1球目のリターンを必ず確認しましょう。

クイック攻撃をするときによくあるミスは、自分タイミングのみに気を取られて、リターンを見ていないことがです。Aクイックの場合には、ずれた位置に合わせてセッターを追いかる必要があるため、リターンは必ず確認しましょう。

リターンが極端に高い・低い場合は、高さに合わせてタイミングを調整する必要があります。この調整は、経験値が必要となりますが、助走のスピードを上げることで調整できるときがありますので練習しましょう。

入るタイミングを一定に

しお on Instagram: “この人の速攻は瞬きも許されないぐらい早い。 でもブロックがちゃんと着いてくる恐怖。 #wolfdogsnagoya  #ウルフドッグス名古屋  #ウルド#ウル犬 #傳田亮太#でんでん  #ミドルブロッカー #速攻#クイック #高い#早い #Vリーグ #vleague…” (106613)

アタッカーの踏み切りタイミングは、常に一定にする必要があります。

上手いセッターの場合は、アタッカーが速く踏み込んできたら、トスを弾いて速くセットしたり、逆に踏み切りが遅れた場合には、長く持って遅れたスパイカーに合わせることができます。

これは経験の長いセッターではないとできないので、初心者がAクイックをマスターする場合は、アタッカーの踏み切りタイミングを一定にしましょう。

一定にするためには、先ほどのリターンをしっかり見ること、セッターとのタイミング調整が必要です。

スパイクは叩きつけすぎない

Aクイックのスパイクは叩きつけすぎないことが重要です。相手ブロックの状況に応じて2パターンを考えます。
練習では叩きつけるスパイクを打ちたくなりますが、練習から意識して奥を狙いましょう。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

バレーボールのオープントスは、レフトとライトのウイングスパイカーに向けて上げるトスで、高く大きな弧を描くことが特徴です。オープントスはバレーボールの試合中に一番使われるトスで、打ち手の能力を十分活かせることがメリットですが、ブロックが必ずつくデメリットもあります。
アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

aoii15 aoii15