2021年5月24日 更新

バレーボールのスパイクの種類13選!オープン攻撃やクイックなどのスパイクを紹介

バレーボールのスパイクの種類は、オープンスパイクとクイックスパイクに分けることができ、クイックスパイクはトスの軌道で5種類に分類されます。移動攻撃やコンビネーション攻撃は、ブロックをかわすためにオープンとクイックの組み合わせで生まれ、バレーボールで点数を稼ぐ有効な手段です。

268 view お気に入り 0

バレーボールのスパイクの種類とは?

バレーボールのスパイクの種類は、大きくオープンとクイックに分類できます。クイックは速攻とも呼ばれトスの種類でABCDに分けられます。移動攻撃やコンビネーションは、大きなトスを打つオープンと小さなトスを打つクイックを組み合わせた攻撃スタイルです。

それぞれのスパイクに特徴があり、トスや打ち方が違います。バレーの攻め方は多種類のアタックを組み合わせることで効果的になります。
オープンスパイク
バックアタック
クイックスパイク Aクイック
Bクイック
Cクイック
Dクイック
セミクイック
移動攻撃 ブロード攻撃
一人時間差
エアフェイク
コンビネーション シンクロ攻撃
スプレッド攻撃
クロス攻撃

バレーボールのスパイクの種類①オープンスパイク

 (233437)

オープンスパイクとは、レフト・ライトに大きく山なりのトスを打つスパイクで、バレーボールの基本のスパイクです。

【オープントスを使うとき】
チーム内の体制が整っておらずコンビバレーが使えないときや、スパイカーの高さやパワーを充分に引き出したいとき

【メリット】
トスの滞空時間が長いことから、チームの体制を整える効果がある

【デメリット】
トスコースが読まれやすくブロックが集まりやすい

バレーボールのスパイクの種類②バックアタック

 (240067)

バックアタックは、後衛の選手がアタックラインより後ろでジャンプして打つスパイクです。センター付近で低めのトスを打つバックアタックをパイプ攻撃と呼びます。

【バックアタックを使うとき】
すべてのスパイカーが攻撃可能な状態で、コンビバレーの1つで選択

【メリット】
バックプレーヤーが攻撃に加わることで、ブロックをバラバラにできること

【デメリット】
身体能力が高い選手でないと習得できない、または威力が低くなること

バレーボールのスパイクの種類③クイックスパイク系

 (233438)

クイックスパイクは、低いトスをおもにミドルブロッカーが打つスパイクで、トスの軌道で数種類に分けることができます。クイックの種類はA・B・C・Dに分けられ、Bのタイミングで入り移動してAのタイミングで打つなど、バリエーションも豊富です。

充分に体重を乗せることができない速攻は、通常のオープンスパイクより威力は落ちますが、ブロックの完成前に打ち切ることができるメリットがあります。

Aクイック

Aクイックはバレーボールのアタックで最速のスパイク攻撃です。

【Aクイックを使うとき】
複数のスパイカーが攻撃できる状態で、速い攻撃で相手ディフェンスの隙をつきたいときに選択

【メリット】
速い攻撃でブロック完成前に打ち込めること

【デメリット】
デメリットは、セッターとアタッカーのコンビが合わないとボールをミートすることができないこと

Bクイック

BクイックはAクイックより長めの平行気味に上がったトスを打つスパイクです。Bクイックはミドルブロッカーの技ですが、ウイングスパイカーが切り込んでBを打つときもあります。


【Bクイックを使うとき】
複数のスパイカーが攻撃できる状態の中の選択肢の1つ

【メリット】
Aクイックにブロッカーが集まったときにBクイックトスを上げてブロックをかわすことができること

【デメリット】
セッターとスパイカーが連携がとれていないと効果的な攻撃にならないこと

Cクイック

Cクイックは、セッターの背面にバックトスでAクイックと同じ軌道のトスを打つスパイクです。

【Cクイックを使うとき】
複数のスパイカーが攻撃できる状態の中の選択肢の1つ

【メリット】
バックにクイックトスを上げることでブロッカーを惑わすことができること

【デメリット】
セッターの技量が低いと、バックトスを上げると読まれること

Dクイック

DクイックはBクイックトスをセッターの背面に上げるトス​を打つスパイクで、Cクイックを長めに平行に飛ばすイメージです。

【Dクイックを使うとき】
複数のスパイカーが攻撃できる状態の中の選択肢の1つ

【メリット】
Cクイックとオープンの中間の攻撃で、ブロックの枚数を減らしやすいこと

【デメリット】
バックトスのため、セッターのスキルが低いと中途半端なトスになりスパイク打ちにくくなること
54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールの最高到達点とは?歴代記録を男女や世代別にランキング形式で紹介!

バレーボールの最高到達点とは?歴代記録を男女や世代別にランキング形式で紹介!

バレーボールの最高到達点はジャンプしたときに、地面から上に伸ばした指先の高さのことです。バレーボールの最高到達点の歴代最高はロベルトランディー・シモン選手で、384cmを記録しています。日本代表の男女記録は福澤辰哉選手の355cmと、荒木絵里香選手の312cmです。
Anonymous | 7,464 view
ディレイインサービスとは?バレーボールのルールをわかりやすく解説!

ディレイインサービスとは?バレーボールのルールをわかりやすく解説!

バレーボールのディレイインサービスとは、主審がサービス許可の笛を吹いた後、8秒以内にサーブを打たなかったときに取られる反則です。ディレイインサービスはバレーボールの試合の遅延行為とみなされ、試合進行に影響がでるために設けられました。主審は両手の指で8を表してサービス失敗とします。
まる蔵 | 540 view
Aパスとは?Bパスなどのバレーボールのパスを詳しく解説!

Aパスとは?Bパスなどのバレーボールのパスを詳しく解説!

Aパスとは、セッターがかまえた位置に正確に返すレシーブのことです。セッターを一歩も動かすことなく返したAパスは、自分のチームの攻撃パターンをすべて使うことができ試合を有利に運ぶことができます。Bパスはセッターを1~2m動かすパスで、C・DパスはBパスより乱れたパスです。
まる蔵 | 444 view
ゲスブロックとは?初心者にわかりやすくバレーボール用語を詳しく解説!

ゲスブロックとは?初心者にわかりやすくバレーボール用語を詳しく解説!

バレーボールのゲスブロックとは、相手セッターがセットアップする前に打つ選手を予測して飛ぶブロックのことです。完全に個人の判断のブロックで、ブロックフォローやディグする選手と連携がとれないブロックとなります。ゲスブロックは勘が当たり成功することもありますが、推奨されないプレーです。
まる蔵 | 258 view
バレーボール用語集!170個の基本用語・専門用語・新用語を分かりやすく解説

バレーボール用語集!170個の基本用語・専門用語・新用語を分かりやすく解説

バレーボールの用語は、英語で表されるものが多いですが、日本独特の名称で呼ばれるものもあります。ルールの改正で用具の呼称は変わりませんが、プレーや反則の名称は変わることが多いです。バレーボールの専門用語や新用語を知ることは、バレーをより深く理解し、楽むことにつながります。
まる蔵 | 7,472 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵