2020年3月26日 更新

サッカー用語50選!50音順で1つ1つ丁寧に解説【基本用語・専門用語】

サッカー用語は外来語が多くカタカナで表現されるために、意味が曖昧なまま使用されることも多くサッカーを理解するうえで障壁となることがあります。50音順でサッカーの基本用語と専門の用語集を作り、サッカーへの理解を深めるために必要な言葉を解説します。

16,724 view お気に入り 0

サッカー用語とは?

yo-hei on Instagram: “やっとサッカー観れた~。子供達の頑張る姿はやっぱり元気出る~🎵#サッカー少年#サッカー小僧#所沢ジュニアユース” (117062)

サッカーは欧州、北中南米、アフリカ、アジアと世界中で行われていることもあり、英語からスペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ドイツ語などなど様々な言語のサッカー専門用語が存在します。

日本ではサッカーの基本用語・専門用語や名前は定義があいまいなまま使用されることも多いので、50音順で覚えておきたいサッカー用語を解説します。

サッカー用語(ア行)

Tomokazu  Motoyoshi on Instagram: “今日から息子のサッカーチームが活動再開。  3週間ぶりにチームメイトに会えるので、グラウンドに着いて一目散に走り出す息子がいとおしい😄  #息子 #7歳 #小学生 #サッカー少年  #活動再開 #コロナ  #早くおさまりますように  #スポーツのある週末 #忘れてた感覚…” (117063)

アーリークロス

アーリークロスとは、低い位置のサイドからゴール前にセンタリングを上げることを指します。

シュートを打つ選手とクロスを蹴る選手は距離があるのでカーブをかけてスピードのあるクロスボールが必要となります。

アウトスイング

アウトスイングとは、ゴールから遠ざかる軌道のことです。

コーナーキックやクロスで右サイドなら右足、左サイドなら左足で蹴るときにアウトスイングの軌道となります。

アジリティ

アジリティとは、動きの素早さに関する能力のことを指します。アジリティの日本語の類義語として俊敏性、敏捷性、瞬発力が挙げられます、

日本人選手は小柄で素早い動きが得意でアジリティが高いとするのが一般的です。

アタッキングサード

アタッキングサードとは、敵陣のコートを3分割に分けたゴールに最も近いエリアのことを指します。

サッカーの攻撃はアタッキングサードまでボールを運ぶこととアタッキングサードから得点を取ることの二つに大きく分けることができます。

アドバンテージ

アドバンテージとはファウルと判定されてもプレーを止めない方が攻撃側に有利になると審判が判断した場合に、プレーを止めずに続行させることです。

アドバンテージのことを流すと呼ぶこともあります。

インスイング

インスイングとは、ゴールから遠ざかる軌道のことです。

コーナーキックやクロスで右サイドなら左足、左サイドなら右足で蹴るときにスイングの軌道となります。

インターセプト

インターセプトとは、相手のパスを途中でカットすることです。

ボール奪取の中でも対人守備によるボール奪取とインターセプトによるボール奪取があり、インターセプトはフィジカルコンタクトを必要とせず、ボールを奪った後に攻撃に移りやすいのが特徴といえます。

インテンシティ

インテンシティとは、あらゆる面での強度の高さを表す言葉です。

インテンシティは戦術的な強度、フィジカル的な強度、メンタル的な強度、スピード的な強度を合わせた表現で、インテンシティが高いチームは集団としての動きの速さと強さ、思い切りの良さがあります。

インナーラップ

インナーラップとは後方の選手が、ボール保持者からみてピッチの中央に近いサイドから追い越すことを指します。

反対にボール保持者の外側を追い越す動きをオーバーラップといいます。

オフザボール

オフザボールとはボールを持っていない状態のことを指します。

サッカーは90分のうちボールを持っている時間は一人1分程度で、大半がオフザボールです。
また、ボールを持っていないときの動き出しのことをオフザボールの動き出しと呼びます。

オフサイドトラップ

オフサイドトラップとはディフェンスラインが相手をオフサイドにするために一斉にラインを上げることです。

オフサイドトラップを仕掛けるときには、オフサイドにならない2列目からの飛び出しに注意する必要があります。

オーバーラップ

オーバーラップとは後方の選手が、ボール保持者からみてピッチの外側のサイドから追い越すことを指します。

サイドバックの攻撃参加の方法として、もっともよく使われる形です。

オープン攻撃

オープン攻撃とは、カウンターリスクのケアが十分ではない状態で攻撃することです。

また、どちらのチームもカウンターリスクをケアしないで得点を取りに行き、ゴール前からゴール前に行き来が激しくなる状態のことをオープンといいます。

サッカー用語(カ行)

kazuya on Instagram: “フォレスト桜満開‼️#サッカー#サッカー少年 #カラクテル#練習#桜#桜満開#コロナに負けるな” (117064)

カバー、カバーリング

カバーリングとは、ボール保持者に対して守備者がアプローチした際に、生じるスペースを埋める動きのことを指します。

あらかじめアプローチによって生じるスペースを予測して埋めることを予防的カバーリングといいます。
アプローチとカバーリングを合わせた一連の動きのことをチャレンジ&カバーと呼びます。

キックアンドラッシュ

キックアンドラッシュとは、ロングボールを前方に放り込み、セカンドボールを拾うことで前進を図る攻撃方法です。

イングランドの伝統的なサッカースタイルで、フィジカル面で優位性があるチームが選択することが多いです。

くさび

くさびとは、相手の守備ブロックの間に通すことで攻撃のスイッチを入れる縦パスのことです。

くさびの語源は大工道具です。
木に亀裂を作るように、守備ブロックに亀裂を生じさせるパスのことをくさびのパス、くさびを入れると表現します。

クリーンシート

クリーンシートとは、無失点で終えることです。

クリーンシートはポジティブな意味で使われることが多いので、無失点で勝利したときに使われることが多い言葉で、0-0の引き分けのときはスコアレスドローと表現されることが多いです。

クロス

クロスとは敵陣のゴール前にサイドから供給されるパスのことを指します。

クロスと同じ意味を持つ言葉にセンタリングがありますが、現在はクロスが使用されることが多くなっています。

サッカー用語(サ行)

AsaNoPaPa on Instagram: “3連休とあってめぼしいキャンプ場はどこも混雑代わりに車を3時間走らせて最高のフィールドでサッカーをしてきました暖かいので半袖で十分です#富士山 #サッカー #サッカー少年 #アウトドア #子供連れ #あそび #子供とお出かけ” (117065)

サイドチェンジ

サイドチェンジとはボールを逆サイドに展開すること、もしくは逆サイドに展開するパスのことを指します。

サイドチェンジは、サイドを変えるといわれることもありますし、プレー中に変えろと指示されたときはサイドチェンジしろという意味になります。

絞る(しぼる)

絞るとは逆サイドにボールがあるときに守備側選手がサイドから中央にポジションをスライドさせることを指します。

絞るという言葉は、イタリア語ではスカラトゥーラと呼び戦術用語として使用されます。
プレー中に指示するときには、絞れという使い方がされます。

センタリング

センタリングとは、相手のゴール前にサイドから供給するパスのことを指します。センタリングと同じ意味を持つクロスという言葉がありますが、最近はクロスが使用することが多くなっています。

ゾーンディフェンス

ゾーンディフェンスとはボールの位置を基準にした集団守備戦術のことです。1988年にアリゴ・サッキ監督がACミランで完成させた戦術でイタリアから世界に広まっています。

サッカー用語(タ行)

FELICE KYOTO&SHIGA on Instagram: “#felice #地域1番のユルサル #老若男女問わず誰もが楽しむ #京都 #滋賀 #フットサル #enjoymix #ユルサル #kyoto #futsal #shiga #ladies #サッカー#junior #soccer #フットサル女子 #フットサル男子…” (117066)

ダイアゴナル

ダイアゴナルとは、敵陣のゴールに対しての斜めの角度のことを指します。敵陣のゴールに対しての斜めの角度に走ることをダイアゴナルランといいます。

ダイレクトプレー

ダイレクトプレーとは直線的にゴールに向かうプレーのことを指します。

ダイレクトプレーは、縦パスやゴール方向へのドリブルなどゴールに向かうプレー全般に対して使う言葉です。

縦パス(たてぱす)

縦パスとは、相手の守備ブロックの間に縦方向に通すパスのことを指します。

縦パスは、くさびのパスという言い方もされますが、近年は縦パスが一般的になってきています。

ディレイ

ディレイとは、守備時に組織が整うまで時間を稼ぐことを目的に相手の攻撃を遅らせることを指します。

ディレイは英語で遅らせる、延ばすを表すDelayが語源で、そのままの意味でサッカーでも使用されます。

デュエル

デュエルとは攻守における1対1での戦いのことを指します。duel(デュエル)は、ラテン語のduoが語源になった言葉で、二人を意味します。

対人プレーにおける戦い、駆け引きのことを総合してデュエルと呼びます。

トランジション

トラディションとは攻守の切り替えのことを指します。

トラディションは英語で伝統、伝承などを意味するTraditionが語源で攻撃から守備、守備から攻撃を一連の流れとして捉えている言葉です。
152 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バンディエラとは?1つのクラブチームで忠誠を誓う選手に迫る

バンディエラとは?1つのクラブチームで忠誠を誓う選手に迫る

バンディエラは1つのクラブで長年中心的役割を果たし、チームの象徴的な存在となり牽引する選手のことです。バンディエラはキャプテンを超える特別な存在とサポーターから認知され、現役引退後もクラブの歴史に名を刻み、スタッフとなりチームに関わり続けることも多いです。
hoedama1 | 559 view
バイタルエリアとは?徹底解析 【サッカー用語・言葉】

バイタルエリアとは?徹底解析 【サッカー用語・言葉】

サッカーの試合中継でよく聞く「バイタルエリア」という言葉。とても重要な意味があるように使われていますが、では一体バイタルエリアとはサッカーにおいてどのような意味があり、どのように重要なのでしょうか。図による解説で理解しておきましょう。
CAS | 8,268 view
オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

バレーボールのオーバータイムスとは、同一チームの選手が3回以内に相手コートにボールを返せない場合に発生する反則です。現在のルールではオーバータイムスの正式名称はフォアヒットです。オーバータイムズは相手チームのプレーに関わらない自滅行為なので、極力減らすことを心がけましょう。
まる蔵 | 648 view
ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは、バレーボールの試合中のコート内の代表か試合開始前からのチーム全体の代表かの違いです。ゲームキャプテンとチームキャプテンはそれぞれに役割があります。チームの代表になるゲームキャプテンとチームキャプテンの違いについて解説します。
hersheys | 994 view
卓球の促進ルールとは?卓球にも試合時間のルールがある!

卓球の促進ルールとは?卓球にも試合時間のルールがある!

卓球の促進ルールとは、試合進行を促進するためのルールです。この卓球促進ルールは昔、1ゲームに2時間もかかった試合があった為できたルールですが、促進ルール適応後はレシーバーやカットマン、サーバーの心理戦が加熱し、卓球人気をさらに押し上げる結果に繋がりました。
長崎 仁 | 578 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hoedama1 hoedama1